一般社団法人はこだて地方創生研究会

函館市を含む道南地域の成長戦略に関する調査研究、事業プロジェクトの開発や設計等を行っております。

一般社団法人はこだて地方創生研究会

ホーム ≫ 団体概要

団体概要

代表挨拶

挨拶
子供たちが未来を夢見ることができる街
若者の新しい発想を活かせる多様性に富む街
誰もが働きがいを持てる持続的に成長する街
高齢者がいきいきと活動できる輝いた街
ペットと共生できる優しさにあふれた街
 
自分の生まれ育った街が、こうした豊かな街であってほしい。
その理念に基づいて、地方創生のために当研究会を設立しました。
人口減少、超高齢社会という課題に対し、地域がそれぞれの特徴を活かした自律的で持続的な社会を創生しようとする国家戦略をベースに、地方都市のあり方を整理した上で、教育・福祉・雇用など分野ごとに紐解きながら、地域を育てる手法や生きていく知恵を見つける活動を行っていきます。
地域そのものが疲弊しては、そこに住む人もそこで商売をする企業も発展はありません。
私たちが生まれ育ったこの地域で、これからも元気で豊かに暮らしていくために、自治体・民間企業と連携し、地域の皆様とともに道を切り拓いていきたいと考えています。

一般社団法人はこだて地方創生研究会
代表理事 寺井 慎一郎

事務局概要

団体名 一般社団法人はこだて地方創生研究会
事務局所在地 〒040-0064
北海道函館市大手町3番15号 函館自動車工業株式会社内
設立 2016年5月
連絡先 Mail:otoiawase@hakodate-irr.com 
受付時間 月〜土10:00~17:00
定休日 日曜・祝日
URL http://hakodate-irr.com/
事業内容 調査研究事業、人材育成事業、出版・その他

アクセス

設立の目的

目的
函館市を中心とした道南地域の成長戦略に関する調査研究を行い、その調査結果をもとに各種提言を行うシンクタンクを設立し、函館の文化や産業の発展に寄与するだけでなく、北海道の成長に繋げていくことを目的とします。
また、ただ単に調査や提言を行うのではなく、得られた結果について、事業効率やその波及的影響、そして実施環境など、あらゆる角度から検討を加え、函館のブランディングに資するものであり、かつ優先順位の高い事業と考えられるものについては、函館市をはじめ、国や道、そして近隣の各市町、更には、各種民間事業体や学術機関、そしてメディア等をも有機的に連携させ、具現化に向けたプロジェクトの開発や設計を行っていきます。

役割と位置づけ

役割と位置づけ

主な研究テーマ

パラダイムシフトによる地域産業戦略構想
<津軽海峡論>
函館の生命は津軽海峡にあり。
函館の存亡は海峡商権の掌握如何にあり!
具体化に向けた戦略Ⅰ(函館独自の取組)
(1)函館市制施行100周年プロジェクト構想
(2)LCC(格安航空会社)誘致構想
(3)観光立国はこだて!おもてなし、感動都市函館プロジェクト構想
(4)教育施設・テーマパーク誘致構想
(5)環境都市函館。エコシティープロジェクト構想
(6)学園都市函館。大学(国際)誘致構想
(7)外国人留学生誘致構想
(8)世界文化遺産登録構想(元町教会群 )
※「北海道・北東北の縄文遺跡群」
具体化に向けた戦略Ⅱ(青森県との連携)
(1)津軽海峡圏再生エネルギー開発都市構想(海洋エネルギー構想)
(2)津軽海峡圏フードバレー構想
(3)津軽海峡広域観光圏特区構想
(4)津軽海峡圏国際学園創造都市構想
(5)津軽海峡圏国際貿易都市構想

構想・プロジェクトについて

お問い合わせ

一般社団法人
はこだて地方創生研究会

facebook

Twitter

RESAS

第2回はこだて学生
政策アイデアコンテスト
の詳細はこちら↓をクリック はこだて学生政策アイデアコンテスト

モバイルサイト

はこだて地方創生研究会モバイルサイトQRコード

はこだて地方創生研究会モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 0000498588.jpg
  • 0000498589.jpg

一般社団法人
はこだて地方創生研究会

〒040-0064
北海道函館市大手町3番15号
函館自動車工業株式会社内

otoiawase@hakodate-irr.com
[営業時間] 10時~18時
[定休日] 日曜・祝日

≫ 会則はこちら
≫ 定款はこちら